■パテントテック社  

■編集者:インパテック株式会社
■発刊日:2018年8月6日
■資料体裁:A4判、141頁、【CD-ROM版】
■ISBN:978-4-86685-027-6
<収録内容>
書籍(PDF)とパテントマップViewer(閲覧ソフト)
およびパテントマップ・チャート(パテントマップEXZデータ)
が収録されています



★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス

■本誌の特徴等
1.調査目的
北京大学、清华大学の公開件数、発明者、および特許分類などに対し、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析した
パテントマップを作成し、
 (1)北京大学、清华大学にどのような技術の公開があるか、
 (2)各大学の技術開発動向はどのように推移しているか、
 (3)最近注目する技術は何なのか、
 (4)共同出願人間の連携状況はどのようになっているか
等を明確にして、「北京大学VS.清华大学」の知財の現状につき具体的なデータを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2.特許情報の収集と処理
 本調査報告書は、「北京大学VS.清华大学」の過去10年余(国内公開日:2008年1月1日~2018年5月31日)に及ぶ公開特許について、「incoPatの検索システム」(北京合享智慧科技有限公司 製)を使用し、検索、収集した。
また、報告書作成には、パテントマップ作成 支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許・実用新案の公報総数は37,041件である。

3.報告書の構成
 本報告書は、次の三つの部分から構成されている。
1.パテントマップ編
 A.北京大学、清华大学の対比分析
 B.特許・実用新案で北京大学、清华大学の対比分析
 C.北京大学、清华大学の比較分析

2.総括コメント

4. 本報告書の特徴
● 「北京大学VS.清华大学」に関する最近10年余の技術動向が分かりやすく把握できる。
● パテントマップで視覚的に理解しやすい。

★内容の詳細は書籍版
「北京大学VS.清华大学〔中国特許日本語版〕」技術開発実態分析調査報告書をご覧下さい。


人気商品は 【CD-ROM版】「北京大学VS.清华大学〔中国特許日本語版〕」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理

人気商品は 【CD-ROM版】「北京大学VS.清华大学〔中国特許日本語版〕」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理
人気商品は 【CD-ROM版】「北京大学VS.清华大学〔中国特許日本語版〕」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理
パーソナルケアロボット(介護支援、作業支援 etc)

2016年4月14日以降発生した、熊本地震をはじめとする九州の一連の地震で被害を受けられた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。一日も早く復旧されますようお祈り申し上げます。

人気商品は 【CD-ROM版】「北京大学VS.清华大学〔中国特許日本語版〕」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理 人気商品は 【CD-ROM版】「北京大学VS.清华大学〔中国特許日本語版〕」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理

人気商品は 【CD-ROM版】「北京大学VS.清华大学〔中国特許日本語版〕」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理 サイト内検索

規格改定     ISOセミナー     計測機器管理セミナー     医療機器     ロボット     

人気商品は 【CD-ROM版】「北京大学VS.清华大学〔中国特許日本語版〕」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理 人気商品は 【CD-ROM版】「北京大学VS.清华大学〔中国特許日本語版〕」技術開発実態分析調査報告書-経営戦略・管理

JQAへのお問い合わせ

ページの先頭へ